文在寅が「わだかまりがある」と…! 韓国で大注目「文在寅会談」の“ヤバすぎる中身”と、韓国経済「ウォン高、物価高の地獄」の末路…!?

韓国で再び「文在寅」が注目されている。
 先日、韓国の国会議員であるイ・ジェミョン氏が「共に民主党」の新代表に選出され、文在寅氏を表敬訪問したからだ。
[写真】文在寅の “引退後の姿 “がヤバすぎる…衝撃のショットに注目!
 会談の狙いは、もともと文在寅に非友好的な「非明」(非李在明)派を主軸とする親文在寅派との和解にあったようだが、「非明」(非李在明)派は、文在寅を「非明」(非李在明)派と同じように「非明」(非李在明)派と呼んでいる。
 私邸会談」で一体何が話し合われたのか、韓国政治はどこへ向かうのか、そして文在寅が再び「キーマン」として登場したことは何を意味するのか。–最前線からレポートしよう。
77.77%という圧倒的な得票率
 与党・民主党の党大会で新代表に選出された李在明氏は、「オデミョン(とにかく李在明が代表)」という新語が生まれるほどの77.77%の圧倒的な得票率であった。
 前回の大統領選挙と一連の地方選挙での敗北の責任は党にあるとの説に反発し、「ケタル(改革の娘)」と呼ばれる強力な支持基盤の声に埋没してしまったのである。
 しかし、民主党の主要支持地域である湖南地方での投票率が35%にとどまったことは、親李在明勢力を除く党内世論全体が「李在明代表」の「政治商品」に懐疑的、批判的であることを示している。
文在寅の「私邸」で
 李新代表は、ここから2年間、民主党を率いることになる。2年後の次期大統領選では、巨大野党の公認権を行使し、再び名乗りを上げるとみられる。
 李代表はこの日の就任演説で「骨から肉を断つ覚悟で、全く新しい民主党の建設に身を投じてこの任務を遂行する」と表明し、民生代替案と未来ビジョンを提示すると述べた。李氏は「国民の生活が半歩でも前に進むなら、まず与党に協力する」と党幹部との会談まで要請した。
 さらに、李氏は政治的正当性を得るために、党代表に当選した文在寅元大統領に会いに行った。李代表は29日午後、慶尚南道梁山平山村にある文在寅元大統領の私邸を最高委員らとともに訪問した。
 李代表ら新任幹部が私邸の前に到着すると、カジュアルな服装で現れた文元大統領は明るい笑顔で握手を交わし、歓迎の意を表した。
 李代表と文前大統領は手を挙げて挨拶し、支持者からは「文在寅」「李在明」のコールが繰り返された。

Leave a Reply

Your email address will not be published.