人が月に住むならどこに住む?新しい発見で可能性が広がる!

今日は月のおはなしです。
月面は大気がほとんどなく、日向では約127℃、日陰では-173℃という極端な高温にさらされる。
そのため、月面に基地を建設する場合、機械やコンピュータ、そして人間をこの極限温度から保護する必要がある。
NASAの科学者たちは、ルナ・リコネイサンス・オービター(LRO)による11年以上にわたる観測から、月面に約200の穴があり、その中は約17℃と快適な温度であることを発見した。
これらのピットは、2009年にJAXAの月探査機「かぐや」が初めて発見しました。かぐやが発見したピットは、直径約65m、深さ80〜90mで、内部には非常に大きな溶岩トンネルがあると考えられています。
将来の有人月探査の拠点となることが期待されています。
NASAゴダード宇宙飛行センターのLROプロジェクト・サイエンティスト、ノア・ペトロ氏は、「月の穴は、月で最も魅力的な特徴の一つ」です。
地球上の火山地帯にも溶岩トンネルがありますが、研究チームはLROの赤外線放射計Divinerを用いて、月の静かの海にある深さ100m、サッカー場ほどの大きさの円筒形の穴の中の温度を測定しました。
その結果、穴の陰になった部分の温度は一日中ほぼ同じで、約17℃であることがわかった。洞窟が穴の中に水平に広がっていれば、そこでも同じように快適な気温が保たれることになる。
NASAが発表した論文の共著者の一人であるカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のデビッド・ペイジ教授は、「この穴は、長期の月植民地化や探査に望ましい居住環境を提供する可能性がある。また、将来の有人月面探査を見据えて、人類は地球の洞窟で生命を進化させた。 洞窟は月の生命にとって望ましい生息地であるかもしれない」と述べています。
いくら地中とはいえ、空気がなく真空に近い月で、零下17度という高温を維持できるのだろうか?
空気がなく温度に干渉するということは、地下の地熱はかなり高く、17度という高温を維持しているのだろうか?
太陽が当たらないところは、マイナス170℃以下です。
とても不思議なことです。
人は月に住むことが出来るのか?続報にも注目です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.