• お決まりの感謝は、無いほうがいい

86年スコットランドのとある村で男が殺人の容疑で捕まった被害者はその隣に住んでいた老婆モードをハサミで疲れて死んでいた男は殺人を否認したが隣人との諍いで老婆の家の井戸にそのハサミを投げ込んだことは認めた。
後の調べでハサミは老婆の喉の内側から突き立てられていたことがわかった信じようと信じまいと2001年パリのバザーで奇妙な果物を食べた男がいた帰国後男は体調の不良を訴え病院に行くとすぐさま入院を言い渡される一週間ほど後男は治療の甲斐なくその病院で死んでしまう。
男の体内は臓器を追うような形で植物の蔦が這っていたらしい信じようと信じまいとインドのバンキシャまは部族間抗争の時に顔に嫌追い込まれた電話番機の右の身元から本を突き刺し鼻の脇に突き出た電気会社もところに姿を見せたのは事故が起きてから数ヶ月も経ってからだった