• お決まりの感謝は、無いほうがいい

私が悩んでいたのは、基本的に年中乾燥がひどく、特に冬になると乾燥がすごいことです。また夏には鼻の周りが皮脂が出やすく、化粧の際も、ファンデーションを弾いてしまい、化粧ののりもあまりよくないことですね。
https://reformosusume.com/hokkaido-tohoku/yamagataken/
私が実践したスキンケア方法は、顔を洗ってから15分以内に化粧水をつける方法と、化粧水を手の平で温めて顔を潤わせる方法、あとはコットンに化粧水を染み込ませて、それを額、両頬、顎、鼻とそれぞれ貼り、5分ほどしたら剥がし顔全体に馴染ませる方法です。
私が15分以内で化粧水をつける方法を実践してどうだったかというと、特に潤いに関しては変化はありませんでしたが、急いでる時は楽でした。化粧水を手のひらで温めて顔を潤わせる方法を実践してどうだったかというと、人肌の温度ということもあり、肌に浸透しやすかったです。最後のコットンに化粧水を染み込ませて顔のパーツに貼り出す方法は、パックのような感覚で1番肌に浸透しやすく、次の日も潤っている感じです。ただし、時間に余裕がないとちょっときついです。
手のひらで化粧水を温めて顔につける方法と、コットンに化粧水をつけてパーツに貼り出す方法をおすすめしたい人は、顔の乾燥がとても気になり、せっかちじゃない人には向いてます。急いでる人、せっかちな人は簡易的な15分以内で化粧水をつける方法で地道にするのを勧めます。
はじめは手がかかり面倒だなって思う人がいるかもしれませんが、「キレイになりたい」「乾燥をなくしたい」という気持ちを持っている人がいるのであれば、ちょっと挑戦してみてください。継続は力なりで、徐々に美しくなります。