• お決まりの感謝は、無いほうがいい

20代の頃だったので、「変わりたい!綺麗になりたい!遊びたい!モテたい!いろんな服を着たい!」などの欲望からダイエットを決意。決意というか仕事が忙しかったこともあって自然と食べる量も減っていったこともきっかけです。「あれ、このまま小食になりそうだぞ?痩せそうだぞ?」という感じで。
私が実践したダイエット方法は、今となっては危険な方法ですが「わかめダイエット」です。若いからできたことです。その名の通りわかめのみを食すダイエット。味付けだけは自由。ドレッシングだったりめんつゆだったり。案外飽きずに続けることができました。
【PR】
柏市で確定申告や会社設立などで税理士を探している人はこちらのサイトがおすすめです。
私がわかめダイエットを実践してどうだったかというと、この頃は仕事(デザイン業)に熱中していたこともあり空腹はそれほど気になりませんでした。プラス、若さゆえの「キレイになりたい!いろんな服を着たい!」という気持ちが強かったので続けることができたのだと思います。熱中する仕事もあってそれほど辛くはなかったです。それどころか、おもしろいようにどんどん体重が落ちるようになってからは毎日が嬉しくて楽しくてたまらなかったです。
わかめダイエットをおススメしたい人はそこまで体力を使わない仕事で若い20代の方や長期お休みの取れる方にオススメ。そして空腹が気にならないくらいの熱中できる何かがあればなおよいです。例えば私のように仕事でもいいですし、趣味でもいいですね。ダイエットの辛さがまぎれます。逆に体力を消耗する仕事をする方、30代以上の方にはオススメできません。
今思えば危険な方法でダイエットをしていたと思います。結果、痩せることはできました。洋服店のお姉さんから人生で生まれて初めて「スタイルがいいですね」なんて言われて有頂天でした。しかしこの後、嘔吐癖が短期間ですがついてしまうことになります。異常なほどの「痩せたい」という気持ちと仕事のストレス、生き方の悩みも絡み合って、反省せざるをえない結果に。あのまま嘔吐癖がついていたらと思うと恐ろしいです。今回紹介した無理なダイエットは絶対にやめてほしいです。健康的なダイエット知識をきちんと取り入れて励んでください。